警部補ダイマジンのネタバレ(漫画)!無料の試し読み情報も!

今回は「作 リチャード・ウー 画 コウノコウジ」先生の『警部補ダイマジン』という漫画を読んだので、ご紹介していきたいと思います。

※記事の中にはネタバレ部分がありますので、お先に立ち読みをお勧めします!

 

『警部補ダイマジン』はこんな漫画(あらすじ)

大柄で剛腕を振りかざす警視庁捜査一課警部補・台場陣は事件を次々と解決しているうちにダイマジンという異名を付けられた熱血漢です。

捜査一課のエースに成長した台場なのですが、警察官とは思えない秘密を抱えていました。

そんな台場に特命捜査対策班の平安才門警視が急接近してきます。

頭脳明晰で性格が悪く他人を信じない平安は、とんでもない目的を持って台場を利用するつもりでした。

タイプの異なる2人が協力して挑むことになった巨悪とは・・・!?

変わり者のコンビが難事件の真相を解明していく『警部補ダイマジン』

今回は興奮が止まらなくなるサスペンス漫画の魅力についてネタバレを含みながらご紹介していきます。

骨太の刑事ドラマをじっくりとお楽しみください。

 

『警部補ダイマジン』の魅力紹介(ネタバレ含む)

前編

千夜一夜物語の中に猟師と大魔神という物語があります。

漁に出かけた老人が網を引き揚げると小さな壺が入っていました。

壺の蓋を開けると中から恐ろしい顔をした大魔神が現れます。

大魔神は数々の狼藉を働いたため、900年間この壺に封じ込められていました。

そして大魔神は老人に最初の300年間は救い出してくれた恩人に望みの褒美を与えようと思ったと語ります。

ただし900年経った今は封印を解いた人間を殺すことに決めていました。

猟師と大魔神という物語はここからどのように作品と繋がっていくのでしょうか?

現代の東京都大田区で小学1年生の女子が連れ去られる事件が発生しました。

女子は無事に見つかったのですが犯人はまだ捕まっていません。

ネット上では30年以上捕まっていない幼女連続誘拐殺人犯の仕業だという噂が広まっています。

保護された女子の証言によると犯人の特徴はボサボサの頭、無精ひげ、白いヨレヨレのコートを着た男性ということでした。

近所の人達は犯人がまだ近くに潜んでいるかもしれないので怯えています。

大田区の公園で話をしている主婦たちも例外ではありません。

主婦が誘拐事件の話で盛り上がっていると、砂場で転んだ女子を紳士的な老人が助けてあげました。

そして母親の元に女子を連れて行くと、お子様から目を離さないようにと注意をします。

特に最近では誘拐事件が発生しているので注意してほしいと伝えた老人はそのまま去って行きました。

主婦たちが紳士的な老人を素敵だと感激していたら、大柄な男性が老人の後を追っていきます。

その風貌を見た主婦たちは大柄な男性が誘拐犯だと決めつけていました。

男性はそのまま老人が宿泊しているホテルの部屋に侵入します。

台場陣
「いっけね、これで殺しちゃダメだった、こうしねえと!完全犯罪成立!」

スリーパーホールドで老人を締め落とすと、ロープを首にかけながら老人を背負いました。

これで警察に自殺だと思わせることができるのです。

完全犯罪を成立させると男性が冷蔵庫の中から卵を出しました。

30分後、この部屋から女性の悲鳴が聞こえたとフロントに連絡が入ります。

ホテルマンが部屋の中を確認すると老人が首を吊った状態で発見されました。

3時間後、現場のホテルに捜査一課警部補の台場陣が到着します。

台場陣
「何よ、ホテルで大量殺人?」

鑑識に事件の内容を聞くと首つり自殺だということでした。

現状では台場陣の完全犯罪は成立しているようです。

犯人であるのにとぼけながら鑑識に詳しい事情を聞いてみると、捜査一課のエースが呼ばれた理由は亡くなった人物が大物のためでした。

そのため現場には警視総監まで臨場しています。

亡くなったのが警察庁OBで元警視監ということから、台場陣は警視総監から全力で捜査することを命じられました。

ほぼ自殺で間違いありませんがもしも殺人なら大問題となります。

少しのミスも許されないため台場が現場に呼ばれました。

命令が下されたところで台場が現場に入ります。

台場陣
「どう見ても自殺だろ?首にはロープ痕しかねえしな」

完全犯罪を台場自身が成立させているため、鑑識たちも自殺であることを疑いません。

しかしここで自殺ではないと主張する警察官が現れます。

平安才門
「本当に自殺でしょうか!?」

台場が振り返るとスーツ姿の警察官が立っていました。

大柄な台場とは違い異論を唱えた警察官はシュッとしています。

台場陣
「宝塚の男役?」
平安才門
「特命捜査対策班の平安才門管理官です」

管理官の平安は階級が警視なので上司に当たる人物でした。

平安は特命捜査対策班で未解決の事件を捜査しています。

対策班は2010年の時効廃止によって作られました。

台場陣
「けど未解決事件の管理官様がだよ、なんで現場に?」
平安才門
「特捜対策班創設の生みの親がこの天羽元警視監だからです」

普通の自殺だと思われた事件は、平安の登場で状況がここから一変していくのです。

 

 

警視庁捜査一課のエースが殺人を犯す衝撃的な始まりに驚きました。

さらにその殺人を自殺だと決めつけて捜査するシーンも斬新ですね。

異色の刑事ドラマに仕上がっている『警部補ダイマジン』

ここから台場と平安の関係性が複雑化していきます。

平安が台場を追い詰める様子にご注目ください。

後編

偉大な先達を失った平安は台場に一日も早い真相解明をお願いしました。

台場陣
「けどこりゃ自殺だぜ」
平安才門
「首についたロープ痕が斜めすぎるな」
台場陣
「へ?どういう意味?」

平安が遺体の不審な点に気付きます。

台場はとぼけているのですが、重要なことを見抜かれていました。

平安才門
「地蔵背負いです、殺人事件のスペシャリストである台場さんならご存じでしょう、首にロープをかけて背負うアレですよ、首つり自殺に偽装できる」
台場陣
「し、しかし相手も抵抗するでしょ、隣室に音を聞かれちゃいますよ」
平安才門
「いわゆるスリーパーホールドでまず落としたんでしょうか、あの技は首全体を圧迫するので痕が残らない」

完全犯罪を成立させたはずなのですが平安には通用しません。

事件の真相を次々と言い当てる平安は天羽がどんな状況で発見されたのか質問します。

鑑識によると宿泊客が女性の悲鳴を聞いたそうなのですが、ホテルの従業員が現場に駆け付けた時、女性の姿は見当たりませんでした。

そして現場には殻をむいた5個のゆで卵が残されています。

卵の殻を5個もむいてから自殺したことも納得ができません。

また横浜に自宅がある天羽がこのホテルに1ヶ月滞在予定だったことにも疑問が残ります。

しかしパソコンやスマホ、手帳などのスケジュールが分かりそうなものは鑑識が回収していました。

独身の天羽が住んでいる自宅にはすでに他の警察官が向かっています。

台場陣
「誰も向かってないのは伊豆にある別荘スね、今から自分そっちに向かいますがごいっしょにどうですか?」
平安才門
「いいんですか、私が同行して?」

台場が意図的に誘ったことで2人は天羽の別荘へ行くことになりました。

その道中、平安から戦後から令和まで警視庁管内に72の凶悪未解決事件があることを知らされます。

天羽はその全てを再捜査せよと指示していました。

特に天羽は30年間未解決となっている連続幼女誘拐殺人事件の捜査を行っていたそうです。

もしかすると天羽がホテルに滞在していた理由は、近辺に容疑者が潜んでいると思ったからなのかもしれません。

平安は天羽の部屋から女性の悲鳴が聞こえたことも気にかかっていました。

そんな話をしているうちに別荘へ到着します。

台場陣
「警察の三級職官僚って退職後はカネになるんですねえ」
平安才門
「鍵と令状は?」

鍵も令状もありませんが嫌みを言いながら台場が別荘へ侵入していきました。

別荘の中には少女の絵画やマネキンが飾られています。

この異常な光景を平安に見せながら台場は地下室に入りました。

地下室には人間を拷問する部屋と監禁する部屋が設置されています。

台場陣
「いやあ実にショックだなあ、平安警視が尊敬してやまない天羽元警視監が・・・三十年間未解決の幼女連続誘拐殺人事件のホンボシだったりして!」

台場はこの現場を見せるために平安を誘いました。

ここまでは全てが台場の思ったとおりの状況です。

しかし平安は台場の企みを全て見抜いていました。

平安才門
「クククク・・・台場警部補、私をわざとここに連れて来たんでしょ、知らないわけないじゃないですか、天羽大が真犯人だったってこと!」
台場陣
「えっ?」

30年間も捕まらない犯罪者はそれほど多くありません。

そこで平安は警察関係者を疑っていました。

秘密裏に天羽を捜査した平安は、彼が次の犠牲者を物色するためホテルの部屋を借りていたと推測します。

しかしここまで分かっていても警察の元重鎮である天羽を容易に逮捕することはできません。

平安才門
「そこで彼を処刑したんでしょ?ダイマジン警部補、あなたは殺人犯だ!」

自殺と見せかけて殺害したことを見抜かれてしまいました。

ここから警部補ダイマジンはどのような運命を辿っていくのでしょうか!?

『警部補ダイマジン』に関する他の記事はこちらです↓↓↓

警部補ダイマジンのネタバレ(漫画)!第2話と第3話の見所は?

2022.07.11

 

『警部補ダイマジン』を読んだ感想

何も分かっていないフリをしながら台場のことを追い詰める平安の推理力に感嘆しました。

それでも台場が異常犯罪者ではなく、連続幼女誘拐殺人犯を殺害した動機にも共感できますね。

真逆の刑事がバディとなって未解決事件に立ち向かっていく『警部補ダイマジン』

様々な陰謀や思惑が交錯するミステリアスな作品になっています。

先が読めない展開を謎解きしながら読んでいってください。

 

電子書籍を無料で読んでみませんか?

電子書籍は試し読み以外では無料での購読は不可能です。

ですがどうしても試し読みでは満足できないあなたにとっておきの方法があるんです!

それが動画観るならU-NEXTでおなじみのこの動画配信サービスなんですよ↓↓↓

 

 

映画、ドラマ、アニメなどの動画が最新作から名作まで充実のラインナップで見られるU-NEXT

実は電子書籍も見られることをご存知でしたか?

U-NEXTでは電子書籍を34万冊以上配信しているんです。

さらにポイントを使って購入することも可能ですよ!

そのジャンルは幅広く漫画はもちろんのこと、小説やビジネス書、週刊誌からファッション誌、スポーツ誌までも網羅しているんです!

使えるポイントもよく電子書籍サービスであるような、「一部の作品だけ」「1巻だけポイント利用可」ではなくU-NEXTなら全巻で使用可能となっています!

登録時にもらえる600ポイントを使用して無料トライアル期間中でも新作コミックが読めるU-NEXT

最新巻でもポイントを使用して読めるので、こんなにお得なことはありません!

最新漫画は動画も配信しているタイトルも多いので、「原作漫画とアニメや映画」のようにセットで楽しんでみませんか?

さらに大人向けコミック、BLやTLコミック、写真集なども充実!

雑誌も読み放題で成人向けの作品も超充実のU-NEXT

しかも新規登録から31日間は無料なんです!

もしも31日以内に登録を解除しても料金がかかることのない無料トライアルをこの機会に是非利用してみませんか?

ただし最新刊を読む場合は料金がかかるのですが、今なら特典で600円分のポイントがもらえるんですよ!

動画はもちろん電子書籍など、全ジャンル充実の配信数は120,000本以上!

さらにどのキャリアでも関係なく利用可能なU-NEXTを是非お試しください!

無料トライアルはこちらから↓↓↓